投資マンションを売却するなら作戦を練るべし

間取り図

アパートを経営するなら

女の人

アパートを経営するにあたって、熟考を要するのが家賃です。家賃を下げることは簡単ですが、途中で家賃を上げるのは難しいです。地域の家賃相場を知って、適した家賃を設定します。立地条件が悪ければ家賃相場より低くしなければなりませんし、部屋が広かったり部屋が豪華ならば家賃相場より高くできます。

もっと見る

売電による投資で儲ける

インテリア

収益物件を利用した不動産投資は、入居希望者が集まるまでに時間を要します。満室時の賃料を得るまでに多くの時間を消費するのは注意すべきです。それに対して、土地付き太陽光発電は直ぐに回収を進められる利点があります。

もっと見る

投資物件を売るポイント

house

投資マンションを売却するためには、まずその売り時を考える必要があります。そのためには、投資マンションをどのように保有するのかを知っておく必要があります。まず投資マンションは築年数の経過と共に資産価値が落ちると共に、家賃収入も少なくなります。つまり、当初立てた返済計画の毎月のローン返済が厳しくなるということです。また、サラリーマンであれば確定申告によって天引きされる税金の還付を受けることができます。けれどもその節税効果は年々減少していきます。つまり、その節税効果が薄れたところで売却するのがベストであることがわかります。また投資マンションは購入時と同じ金額で売却できるケースはほとんど無いことにも注意が必要です。

つまり投資マンションは売却する時点で、必ず値下がりによる損失が確定するということになります。そのために、売却までの間にどれほどの収益を出すことができるかがポイントというわけです。この収益にはふたつのルートがあります。ひとつはローン返済の元本部分です。そもそもローンは家賃収入で賄うので、その元本は家賃収入で支払っている形となります。そして売却した際には、その元本部分が手元に残ることになります。そしてもうひとつの収益は、家賃収入からローン返済などを差し引いた残りです。このふたつの利益から、売却時の損失と仲介手数料を引いたものが手元に残るわけです。あるいは家賃収入の残りで元本の繰り上げ返済をしておくことも有効です。

おすすめリンク

  • 損する前に読んでおきたい投資マンション売却活用ガイド

    投資マンション売却を専門の業者に頼みたいと思っている人は必見になります。ここなら詳しい情報を確認することができるでしょう。

リスクが小さい不動産投資

インテリア

みんなで大家さんを活用すると、安全に稼ぐことができます。管理業務もみんなで大家さんが担当するので、投資家は面倒な作業がありません。そして、少額でもお金を稼げる点が、投資の初心者を中心に高く評価されています。

もっと見る